眠気覚ましって

コーヒー、紅茶、お茶、カフェイン入りを何とか取り込んで闘ってきたけどそろそろ限界。
いや〜、眠いッ!

 

2時間睡眠とか辛すぎる。
3時間睡眠とかなんだって思う。
8時間眠れた時代が懐かしいと感じる今日。

 

社会人になってこれでもかというほど眠れていない。
もちろん、仕事は月に何回か残業がある程度で、
PCは標準程度にしか使えないけど、スキルアップは図っているつもりだ。
遅刻も早退も無断欠勤もしない。
じゃぁ何で疲れるか。

 

飲み会やら食べ会やらで疲れるのだ。
断ることは簡単なのだが、どうもついついついて行って、朝コースが最近増えてしまった。
上司だから同期だから後輩だから…というわけでもなく、ただ単に「いいかな」と思ってしまうのだ。

 

どこかのねじが緩んでいるのだと思う。
きっと1本ではなく何本もだと思うのだ。
擦れているわけでもなく、ストレスを抱えているわけでもなく、何となくついて行くのは何なんだろう。
自分で決められるはずなのにいいかと思ってしまう。

 

この先仕事に支障が出たらと、最近考えてしまう。
断ることは簡単にできるのに、気付けばとなるのかもしれない。
自分で言ってて無茶苦茶になってきてしまった。

 

何だろうか。
とりあえず、明日の誘いは断って、いったん眠ってもとのサイクルに戻してみるか。
しかし、よくみんな計画できるなぁ。
店だってどうやって探すんだろう。
アプリやネットもあるけど、どの店も美味しかったし、チェーンより個人経営が多かった。
こうやって社会人ネットワークを形成しているのだな。

 

自分が新人の頃はと言っても10年程度のことだが、
仕事仕事でサービス残業なんて言葉無視していた時期になる。
上司が部下に酒を強要したら訴えられる可能性がある、なんて言い始めていた頃だ。
その時はたぶん今みたいに飲んだり食べたりをしていなかった。上司とも同期とも。
その反動だろうか。
睡眠時間は6時間あるかないかくらいだったから今よりは長いだろう。

 

何にせよ、行けるうちはなるべく行って…はいけないな。
身体も大切だからとりあえず、しばらく睡眠優先して、落ち着いて考えてみようと思う。
支障が出る前に何とかしてみよう。

 

水面のイメージ